namdicul's blog

気ままに更新します. CTFについて勉強中です.

教育

今日は少し長くなるかも知れません。

 

昨日載せた本。

 

すべての教育は「洗脳」である

21世紀の脱・学校論

 

 

2日で読み切りました。

堀江貴文さんの独特の視点から語られる学校の意義について、これは流石に言い過ぎだろうという点もありますが、非常に感銘を受けました。

 

 

 

さて、大体の内容をいうと、

 堀江貴文さんはキッパリと「学校は要らない」と言います。小学校、中学校はもちろん、高校や大学なども不要とハッキリ言っています。

 

その昔の日本は、中学校や高校で学を修めたあとは、工場などで働く人が多くいました。その工場で求められる人材は、「言われたことをそのまま実行することができ、余計なこと、迷惑がかかることはしない」人でした。そのために学校では、先生が言うことを必ず守るように徹底的に教えられていました。

 

成績の話をすると、1~5段階のうち、オール4の人と、1つだけ飛び抜けて成績が良くて他は全部1という人では、昔はオール4の人が重宝されていました。なぜなら、オール4の方が「言われたことをしっかりやっている」からです。

1つだけ飛び抜けて5の人には、学校の先生は「他が全然ダメだから」といって、弱点の教科を勉強させるようにします。この飛び抜けた成績が美術や体育などの場合はもっとも、国語や算数などの基本的な教科を勉強させるようにこっぴどく言われます。

 

このように、昔から学校教育では「言われたことをしっかりやる」だけの受け身で意味ないことを教えられます。社会では、覚えても一切役に立たない年号を教えられたり(もっとも酷い場合は、語呂合わせで覚えさせたり)、英語では米国人が使わないような英文を音読させられたり。

そして、例えばめちゃくちゃ野球がうまいけど、成績がイマイチな生徒には「プロ野球選手になれるのはホンの一部だから、野球ばっかりじゃなくて勉強もしろ」とか、絵がうまい生徒には「画家になるのは難しいし、稼げない」といいます。

 

堀江貴文さんが指摘する通り、今の学校教育は生徒に無意識に「ブレーキ」を踏ます洗脳機関になっているのです。

 

なんで野球がめちゃくちゃうまい人が野球ばっかりやっちゃいけないの?その野球で繋がった人たちと共同して何か仕事をやれるかもしれないし、野球マニアと称して高校野球の面白さやプロ野球の面白さを野球を知らない人にブログなどで発信できて、それが話題となればメディアに取り上げられて、それが仕事になるかもしれない。この先、どんな事が仕事になるのかも分からないのに。

 

なんで絵がうまい人が絵ばっかり書いてちゃいけないの?絵の才能をもっと伸ばして「1分でその人の似顔絵を忠実に書ける画家」になればそれだけで有名になれるし、仕事も増える。昔の水墨画を利用して、現代のモノや風景、そして風刺画などを書くことが出来ればそれが仕事となる。

 

私は情報学科に所属しているので、AIなどの本を読んだりします。ニュースに出てこれば興味を持って読みます。そして、分かったことはこれからの社会、「つまらない仕事はAIに任せられる」こと、「機械的な単純作業はこれからすべてAIがやる」ことです。そして数年後には、現在存在しないような仕事がたくさん増えるということです。だから、突出した特技がないオール4人間よりも、1つのずば抜けた特技を持つ人間の方が必ず重宝されます。だって、オール4人間はどこにだっているし、その分野の数だけスペシャリストを呼べば、オール4人間は要らなくなる。だけど、1つだけ飛び抜けた特技を持つ人は少ないので、希少価値が高いのです。

 

だから、学校や先生が目指す「オール4人間」になってはいけないのです。面白くもない勉強を無理してやる必要もない。それよりも、もっと自分が面白いと思ったことに「没頭」すべきなんです。しかしながら、そのことは学校では教えてもらえない。1つのことに没頭することはいけないという悪しき風潮がまだ残っているからです。

 

 

ここまで、本を読んで意見を述べました。

ただ、勘違いしてほしくないことは、僕は学校や学校の先生を否定しているわけではないです。たしかに、なんでこんなこと言われなあかんのやとか、こんなこと何の意味があるのかとか思ったりすることも多々ありましたが、先生や学校から教わったこともたくさんあります。ただ、少しだけ教育の指針を変えてみたらいいんじゃないかと思ったのです。弱点を克服させることも大切ですが、特技を伸ばすことの方がもっと大切なんじゃないですか?生徒の秘めたる才能を閉ざしていないのか?と。

 

なぜこんなこと長ったらしく書いたかというと、僕は根っからの「オール4人間」だからです。面白くない勉強をただひたすら覚えて、たまたま成績が良くて周りから「頭がいい」と言われ、先生から褒められ、それだけで自分はデキるなんだと勘違いしてました。周りにはもっとデキる人間がいるのに。そして、没頭することも見つからぬまま、今まで生きていました。

 

いまの小中学生にはそんなふうになって欲しくないのです。学校の言いなりになんてなって欲しくないのです。面白くない勉強をするより、もっと自分が面白いと思ったことに没頭してほしいのです。

 

今僕は、「情報発信」することに没頭しつつあります。こうしてブログを書いたり、NewsPicksで意見を述べたり、他人の話を聞いて自分の意見を述べたり。そして、プログラミングや英語の勉強にもハマりつつあります。

 

学校教育の意味。これを皆さんにもう1度見直して頂きたいです。

 

再度言っておきますが、僕は学校を否定するつもりも、先生を否定するつもりもありません。その上で自分の意見を述べさせて貰いました。不快な思いをした方がいらっしゃったら、それは申し訳ないです。

送別会

こんばんはー

 

昨日の夜は、自分の大事な友達がこの春から東京に行ってしまうので、久しぶりに地元で高校の友達とご飯に行きました。

なんか久しぶりに会ったけど、あんま変わってなかったな😂

これからお互いに勉強や部活を頑張ろうと誓いを交わしました!

 

まず一次会では尾張一宮駅付近の肉バル「栗坊」さんへ。

 

 

 

乾杯の図。

 

このお店、とにかく飯がうまい。うますぎた。 

オススメが、「唐揚げ3種盛り」。

 

 

 

雑な写真しかない笑

まあそれはおいといて、最近あった話とか、これからどーするかとか、恋愛(?) の話もしたり、盛り上がりました。満足。

 

二次会は駅前のわたみん家へ。

 

夜中3時までやってるってところがいいよね。

長居してたので、お店の人には申し訳ない😅

 

一次会に来れなかった人も、二次会には来てくれました👍うれぴー

 

二次会でハマったこと。

 

 

「ワードウルフ」。

 

Canvas soft「ワードウルフ(ワード人狼) - 言葉を使った人狼げーむ」

 

このゲームは、プレイヤー(僕らは8人でやりました)のうちの1人(少数派)だけ違うお題が与えられ、その他の人たちには共通するお題が与えられます。もちろん、自分のお題は他の誰にも分からないし、自分は他の誰のお題も知ることは出来ません。自分が多数派なのか少数派なのかもわかりません。そこで、プレイヤーどうしでお題について話し合いをし、少数派の1人を見つけ出すというゲームです。少数派は2人でも3人でも大丈夫。

 

 

例えば8人プレイヤーがいて、そのうちの1人が「東京スカイツリー」というお題を与えられ、他の7人には「東京タワー」というお題が与えられたとします。ここで話し合いをします。例えば、色は何色ー?とか、大きさはどんなもん?とか、それって行ったことある?とか。

あまりに話が噛み合わない人は少数派の可能性がありますし、わざと話を噛み合わないふりして、多数派なのに少数派を演じたりするのも技。

んで、話し合いの後に、誰が少数派なのかを指さします。ここで、多数派の人が少数派の人を当てることが出来たら多数派の勝ち。少数派なのに多数派の人たちから指名を受けなければ少数派の勝ち。

 

 

これ、ずーっとやってました。笑

夜中まで。そして朝帰り。

 

うん。こんなオフの過ごし方もアリかなたまには。

 

 

楽しければよし!

久しぶりに

料理作りました。

 

 

 

こちらは、昼食に作った「鮭チャーハン」。

ささっと作れて美味しかった。

チャーハンについてはもっと作れる種類を増やしていきたいですね。

 

今日は、各務原のイオンにショッピングに行きました。

 

未来屋書店である本を買ってきました。

 

 

この本、半分読みましたが、かなり面白い。

 

「集中」こそが大きな成功を生むっていう話なんですけど、

その中で「不器用な人は間違いなく伸びていく」っていう一節がありました。

 

普通の人なら、「器用な人の方が得をする」と思いがちなんですけど、

器用な人や何でもそつなくこなせてしまう人は、ある程度上達するとそれ以上その物事に興味がわかなくなり、深くのめり込むことがないんです。

一方、不器用な人は物事が上達するのに時間がかかることを知っているため、

そんなに早く上達するわけがないということを知っています。

だから成功しようと努力を続ける。その分成功した時の感動も大きい。もっと頑張ったらもっと上達するんだって考えられるようになるんです。

 

僕は根っからの不器用人間です。不器用なことをコンプレックスに思っていたんですけど、この一節を読んで考え方が変わりました。

 

また読み終わったら感想載せようかな。

 

 

<< コメント募集中 >>

悔い

今日は名阪戦でした。名阪戦というのは、名古屋大学大阪大学で定期的に行われる公式戦です。今日は4番ファーストで出場しました。

序盤、相手に先制されながらも3回に2点とって逆転し、中盤にもう1点追加し3対1で終盤を迎えました。

そして8回でした。ツーアウトランナー2,3塁のチャンスで僕に打席が回ってきました。ここで打てば2点入って勝ちがグッと近づきます。

しかし、結果は当てただけのセンターフライ。

しかも、その裏に2点とられ同点になり、最終回も点をとられサヨナラ負け。

今日は四球を除いて3打席たちましたが、自分の打撃ができずに、チームも敗退してしまいました。

めちゃくちゃ悔しかったです。4番がこんなことじゃ全然ダメです。もっとフルスイングしたかった。

 

 

このまま引きずってもしょうがないので、今日は今日で切り替え。また明日から頑張ります。今日は飲んで食って忘れます。

失敗の先に栄光あり。次はいい結果を出せるよう頑張ります!

 

 

 

学ぶって何?

ニュースを読んでいたら気になった記事を見つけました。

 

本来、勉強というものは「他人に教えられる」ものではなく、「自分で学ぶ」という姿勢が大事だと思います。この調査は高校生を対象としたものですが、大学生になるともっと授業を受け身的に捉えている人が増えていくと思います。自分の周りでも、授業中に居眠りをしたり、スマホを触ったり、音楽を聴いたり…。単位を取ることはとても大事ですが、それ以上に学んだことが社会でどのように生かされているのかとか、考える必要があるのではないかと思います。

ずっと思っていましたが、授業中に寝ているくらいなら、自分の好きな本を読んだり、興味のある分野を独学で勉強したりしていた方がまだマシだと思います。または、友達と遊んだりショッピングしたりすることもいいかもしれません。どうせ授業を聞かないのならそっちの方が生産性はあるし。

学生という時間は貴重なものだと自分は思います。この限りある時間の中で有効な時間の使い方を考えることは大事だと思います。

この記事を読んで、自分も来年からの授業の受け方を見直そうと思います。

 

 

<< コメント募集中 >>

初心

今日、3/9(木)は自分が通う大学の合格発表の日でした。

自分の受験番号を見つけて喜んでいる人をたくさん見かけました。努力の成果が出て本当に良かったですね。おめでとうございます。

つい2年前の自分を思い出してしまいました。得意の数学で凡ミスが見つかった時は絶望の淵に立たされていたような感じがしました。それでも、自分の受験番号を見つけたとき、思わず大声をあげて喜んでしまいました。浪人も覚悟していたので。

大学に受かったときは希望に満ち溢れていました。いろんな経験をして、いろんな勉強をしようと思っていました。今現在、その思いは完全にとは言わないまでも薄れていってしまっていたことに気づかされました。

「初心忘れるべからず」。今一度あの頃の純粋な思いを忘れずに1日1日大切に過ごしていきたいです。

 

 

<< コメント募集中 >>

遺伝史

今日テレビで、「成功の遺伝史」という番組が放送されていました。その内容は、芸能人、プロスポーツ選手、歌手などの有名人が、自分が成功者になったのは誰のおかげであるかを発表するというものです。やはりどの成功者も、憧れである別の成功者の背中を見ていたおかげで成功者となったのだとわかります。

僕にとっての憧れの人は、やはり堀江貴文さんです。堀江さんが書いた本は、どれも自分の心に深く響いています。その中でも次のスピーチは鳥肌が立つほど深く感銘を受けました。

Facebookで友達の人は、前にもこの動画をアップしていたので見たことがあるかもしれません。

世界は刻一刻と進化しています。時代に取り残されないためにも、幅広く視野を持って、今を必死に生きることの重要性を説いています。是非みてください。

みなさんにとっての憧れの人は誰でしょうか?

是非コメントで教えてもらえるとありがたいです。

 

 

<< コメント募集中 >>