読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

りのもとblog

思ったことを書き連ねます。

ついに

清水富美加の告白本買いました。まだ半分強ぐらいしか読んでないからわかんないんだけど、彼女が経験してきたことは、メンタルの強い人なら乗り越えられることかもしれないけど、自分に自信がなくて、メンタルが弱い人なら確かに乗り越えられなさそう。よく「プロ根性」って言葉が使われるけど、そんなものはごく一部の人にしか持ち合わせていないように思う。彼女にはその「プロ根性」がなかった。これは決して悪い意味ではない。だってそう簡単に培われるものじゃあないんだから。

連日のテレビでの報道やニュースを通じて、清水富美加には非難の声が飛び交う。「仕事を全うしろ」「宗教に洗脳されやがって」とか。確かに、映画の撮影期間途中に出家したりして、たくさんの人や事務所に迷惑をかけたことは間違いではないし、そのことに批判の声が上がるのも不思議ではない。だけど、彼女のように、7年間も辛い思いをして芸能生活を送って、なおそれでも頑張って周囲に笑顔を届けることのできる自信があなたにはありますか?僕にはそんなメンタルや自信はありません。7年間も嫌な仕事を続ける自信なんてありません。現に前のバイトも10か月で辞めてしまったし。てゆうかほとんどの人は嫌な仕事を目の当たりにしたらとてもじゃないけど7年間もその仕事続けられないと思う。

以前のニュースで、電通社員の高橋まつりさんが過労死した事件がありました。彼女は嫌な仕事、辛い仕事を2年間全うしました。しかし耐えきれなくなり、彼女は24歳という若さで自ら命を絶ちました。

本当に残念でならないですよね、こうゆうニュースを聞くと。でも、もしみなさんが高橋さんと仮に同じ状況になったとき、自分の仕事を全うし続ける自信はありますか?多くの人はYesと答えられないと思うんです。

 

だから、ネットの上辺だけの情報でコメントするのは控えたほうがいいと思います。僕も正直誤解してました。ふざけるな、どんだけ周りに迷惑がかかると思っているんだと思ってました。でもちょっと本を読んで、見方が変わった。今回の出家騒動は、確かに褒められることではないと思う。だけど彼女の人生が苦しいものから幸せになるものに変わるよう、僕は精一杯がんばれと言ってあげたいです。

 

 

<< コメント募集中 >>